ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.02.25 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.02.25 Thursday

ラファエル前派展

に行ってきた (@文化村)。

いわゆる「美術」でよく観に行くのは印象派やシュルレアリスムなのであんま
り選んで観ることが少ないジャンルだけど、面白そうだったので観に行ってみ
た。

作品の雰囲気は全体にファンタジック&ロマンチック。ロマン主義的な自然の
壮大な描写だったり、神話や戯曲などをモチーフにした文字通りファンタジー
な作品など。壮大な神話の世界を想像で絵にして想いを馳せるのは、なんだか
今ドキのファンタジーイラストにも通じるものがあるなと思う。『聖杯を探す
ガラハッド卿』とか今の感覚なら完全に中二病の世界観。ワクワクする。

ラファエル前派は 1848 年ころから短期間英国で活躍した一派で、ロマン主義
的な、自然に忠実で反産業的な作風が特徴なのだそう。当時はある種の現実逃
避的な機能というか、忙しい現実といったん距離を置いて自然や神話の神秘に
思いを馳せる、そんな部分が評価されていたらしい。僕はずっと、旅や懐古趣
味、ファンタジーのたぐい魅力の本質は、現実逃避、ここではないどこか、文
化・常識や景色への淡い期待、にあると思っていたので、ウンウンと思いなが
ら解説を読んだ。

「ストーリー」を感じさせるような作品が多くて、この人たちは何をしゃべっ
てるのかなとか、いろいろと想像しているうちにいつの間にか向こう側の世界
に引き込まれている感じが楽しい。特に、ナルキッソスに惚れたエコーが物言
いたげに(言えない)しているウォーターハウス『エコーとナルキッソス』や、
騎士団に出征する兵士とその恋人が別れを惜しむミレイ『ブラック・ブランズ
ウィッカーズの兵士』などは登場人物の心理描写が本当に絶妙で、美しいシー
ンだった。

個人的には、初期の作品がド直球のロマン主義で、遠近法が大前提の深い森と
か荘厳な自然の表現が多かったのに対して、だんだんと絵本のような、ところ
どころパースが崩壊していたり、やたら装飾的だったり、「おしゃれ」で「イ
ラスト的」な作風に移行していくのが、現在のファンタジーイラストへも間接
的に繋がっているような感じがして印象的だった。
 
2016.02.07 Sunday

あそぶ!ゲーム展 STAGE 1. デジタルゲームの夜明け

に行ってきた (@SKIPシティ映像ミュージアム)。

デジタルゲーム黎明期から80年代くらいまでの進化の歴史を、実物をプ
レーして実際に体験できる (!)という企画展。ユーザーを飽きさせな
い・興奮させるアイデアをどんどん発明していって、 「ポン」からわず
か8年で 「パックマン」や 「ギャラクシアン」などの一世を風靡した
(?…リアルタイムでは知らないけれど……) アーケードゲームに至る
その勢いたるや。

技術面でみても、初めはアナログコンピュータで実装されていたゲームが
DEC PDP-1になり、TTLロジックに載ってアーケードゲームになり、8080や
Z80 (ついにCPUが登場!)に実装されてテーブルに収まるようになって、
ついにゲーム&ウォッチで携帯ゲームが登場。時代が変わるのは本当に速
い。

採用されるアイデアも、はじめは1画面固定で左右端・上下端がそれぞれ
つながっているような世界観だったものが、スクロールが発明されて1画
面の大きさを越えた冒険ができるようになり、多重スクロールや遠近法
(オブジェクトが自機に近づくにつれ大きくなる)を使った疑似3Dの発明
で迫力がグンと増し……。

そんな先人のいろいろな工夫や技術の進歩が、ゲームを切り口にまとめて
体験できる展示になっていて、本当に楽しかった!

(実はこの企画展以外に、常設展もそうとう面白かったのだけれど、かな
り長くなってしまうのでまたの機会に……)

とくに印象的だった作品をいくつか:
続きを読む >>
2016.01.27 Wednesday

[Emacs] 外で作業するときに重要な情報を隠すマイナーモード

指定したキーワード (正規表現) をパスワードみたいに *** で表示する。

(defvar my-secret-words nil)

(make-face 'my-secret-words-face)
(set-face-attribute 'my-secret-words-face nil :background "red" :foreground "red")

(defun my-secret-words--jit-hider (b e)
  (save-excursion
    (remove-overlays b e 'category 'my-secret-words)
    (dolist (word my-secret-words)
      (goto-char b)
      (while (search-forward-regexp word e t)
        (let* ((b (match-beginning 0))
               (e (match-end 0))
               (ov (make-overlay b e)))
          (overlay-put ov 'category 'my-secret-words)
          (overlay-put ov 'display (make-string (- e b) ?*)))))))

(defun my-secret-words--post-command ()
  (let ((ovs (overlays-at (point)))
        (message-log-max nil))
    (dolist (ov ovs)
      (when (eq (overlay-get ov 'category) 'my-secret-words)
        (message (buffer-substring (overlay-start ov) (overlay-end ov)))))))

(define-minor-mode my-secret-words-mode
  "Minor mode to hide secret words in the buffer."
  :init-value nil
  :global nil
  :lighter "Secr"
  (cond (my-secret-words-mode
         (jit-lock-mode 1)
         (jit-lock-register 'my-secret-words--jit-hider)
         (add-hook 'post-command-hook 'my-secret-words--post-command nil t))
        (t
         (remove-hook 'post-command-hook 'my-secret-words--post-command t)
         (jit-lock-unregister 'my-secret-words--jit-hider)
         (remove-overlays (point-min) (point-max) 'category 'my-secret-words))))

(define-globalized-minor-mode my-global-secret-words-mode
  my-secret-words-mode
  (lambda () (my-secret-words-mode 1)))


隠すキーワードの設定

(setq my-secret-words '("氏" "名" "メアド"))


モードを有効に

M-x my-secret-words-mode
M-x global-my-secret-words-mode

2016.01.21 Thursday

[Emacs] 「、。」をよしなに「,.」に変換してくれるマイナーモード

M-x my-auto-kutoten-mode を呼ぶと、開いているファイルの中に「,.」があれば「、。」のキーを「,.」に置き換え、そうでなければ何もしない。

(define-minor-mode my-auto-kutoten-mode
  "Auto 句読点 mode。"
  :init-value nil
  :global nil
  :keymap (let ((kmap (make-sparse-keymap)))
            (define-key kmap "、" ",")
            (define-key kmap "。" ".")
            kmap)
  (when (and my-auto-kutoten-mode
             (save-excursion
               (goto-char (point-min))
               (not (and (search-forward "," nil t)
                         (search-forward "." nil t)))))
    (my-auto-kutoten-mode -1)))

.tex を開いた時に自動的に有効にするには

(add-hook 'latex-mode-hook 'my-auto-kutoten-mode)

2015.12.20 Sunday

「村上隆の五百羅漢図展」

観てきた。

村上隆さんは賛否いろいろな話を聞くアーティストではあるものの、実際に観
たことある作品は 「ミラーニューロン」展で観た DOB 君くらいだったので、
興味があった。

この展覧会で展示されているのは、タイトルにもなっている超大作 「五百羅漢
図」と、この作品の制作に至るまでの、村上隆さんの比較的最近の作品が多数。
思想も作風もあまり知らなかったので、こうして一挙に観られる機会はありが
たいし、楽しかった。

印象に残ったのは「日本の伝統的な美術の文脈で」アートへのマンガ・アニメ
などの影響を捉えるという思想と、その表現。中でも CG ・マンガやグラフィ
ティなどの現代的な表現と仏教的なモチーフとが融合した 「達磨」や「円相」
などは、サイケでもあり、一方でしみじみ心に沁みるものもあり、うまく言葉
にできないけどカッコいい!

「「それ自体意味を持たない」という意味を持つ」キャラクター DOB 君があら
ゆるところに出現するのも、うまく言葉にできないけど、感じるものがあった。
原子力への不安であったり、進歩しすぎて自らの重みで崩壊していく社会への
不安を、 DOB 君らしきものをひどく変形したカオスで表現した、「ゲロタン」
や 「宇宙の産声」も強烈だった。

そして何と言っても五百羅漢図のスケール。全長100メートル (実際には5
0メートルの部屋×2に分割)の巨大な絵画にビッシリと並ぶ五百羅漢は本当
に圧倒的で、展示室にいるとなんていうか宇宙を感じる。よく見るとそのひと
つひとつも表情からポーズ、背景まで丁寧に描かれていて、100メートルか
らどの30センチを切り出してもそこにストーリーがある。マンガ的な手法を
取り入れて描かれた羅漢には一人一人に愛嬌があって、壮大でいて同時に「カ
ワイイ」。一体一体でも絵になる羅漢がずらっと100メートルにわたって並
んだ姿は尋常じゃない。こんなスゴイ熱量の絵を観たのは初めてだと思う。お
もわず「やりすぎ……」と思ってしまうくらいのパワー。

それもそのはずこの作品は村上隆ひとりでなく、多くの美大生の協力を得て制
作したものだそうで、そのための指示書なども展示されていた。しろうと目に
はどこが悪いのかわからない絵にも「この空間にキッチリドラマをぶち込め!
!!」など厳しいコメントが付けられていてこだわりを感じた。だからこそあ
のパワーが出せるんだと思う。同時に、これほどのこだわりにも皆が付いてく
るほどのカリスマや、尊敬を得ているからこそ、そのエネルギーに支えられて
作れた作品なんだなとも思った。
2015.11.09 Monday

[Emacs] [auto-complete] web系のモードのバッファで補完候補をシェア

たとえば、 css-mode のバッファで html-mode のバッファにある単語 (クラス、ID名とか) を補完したかったので、書いてみた。
 

(defvar my-web-modes
  '(js-mode css-mode html-mode))

(ac-define-source my-words-in-web-mode-buffers
     '((init . ac-update-word-index)
       (candidates . (ac-word-candidates
                      (lambda (buf)
                        (cl-some (lambda (mode) (derived-mode-p mode)) my-web-modes))))))


として ac-source を定義して

(setq ac-sources '(ac-source-my-words-in-web-mode-buffers))


のようにして呼び出す。
2015.06.09 Tuesday

Source Code Pro とさわらびフォントを合わせてみた

日本語フォントをいろいろ見ていて、さわらびフォントがとても気に入ったのだけど、 Source Code Pro といまいち調和しなかったのでさわらびフォントを改造してみた。

書いた fontforge スクリプト:
 

#!/usr/bin/fontforge -script

Open("SawarabiGothic-Medium.otf")
SelectWorthOutputting()

# adjust parameters to SourceCodePro
Print("Sawarabi: Adjusting...")
ScaleToEm(750, 250)
SetOS2Value("WinAscent", 984)
SetOS2Value("WinDescent", 273)
SetOS2Value("HHeadAscent", 984)
SetOS2Value("HHeadDescent", -273)
SetOS2Value("HHeadLineGap", 0)
SetOS2Value("TypoAscent", 750)
SetOS2Value("TypoDescent", -250)
SetOS2Value("TypoLineGap", 0)

# widen 120%
Print("Sawarabi: Widening...")
SetWidth(120, 2)
CenterInWidth()

# lighten
Print("Sawarabi: Lightening...")
ExpandStroke(7, 0, 0, 0, 2)

# set fontnames
SetFontNames("SawarabiGothic_phi", "SawarabiGothic phi")
SetTTFName(0x411, 1, "さわらびゴシック phi")
SetUniqueID(0)

# generate font file
Print("Sawarabi: Generating...")
Generate("SawarabiGothicPhi-Regular.otf")

Close()


各種パラメータを Source Code Pro と同じにして、ついでに文字を少し細くする。
字間も Source Code Pro と等幅になるように調整。

合ってるかはよくわからないけど、ワーニングもりもり吐きながらもとりあえず動いたのでヨシ。

源ノ角の Regular とちょうど同じくらいの太さになるので、足りない漢字は源ノ角で補えばいい感じ。フォントは難しいほんと。
2015.01.22 Thursday

[Emacs] eshellのプロンプトをかわいくする

(setq eshell-prompt-regexp   (concat "^" (regexp-opt '("(*>w<)? " "(*'-')? " "(*;-;)! ")))
      eshell-prompt-function (lambda ()
                               (cond ((= (user-uid) 0) "(*>w<)? ")
                                     ((= eshell-last-command-status 0) "(*'-')? ")
                                     (t "(*;-;)! "))))


vimshell-kawaii (https://github.com/supermomonga/vimshell-kawaii.vim) のパクり。



最後のコマンドが失敗だとふぇぇってなる
2015.01.07 Wednesday

Emacs 24.3→24.4 の変更点

自分に関係のありそうなところを中心に。
続きを読む >>
2014.07.20 Sunday

パワーポイントの図をepsにする

パワーポイントで図を作る


OpenOffice Draw に貼って、右クリック → 画像として保存


ファイル形式にepsが選べる!楽しい!


----

図がおかしくなるときは、一度「変換>多角形に変換」してから「変換>メタデータに変換」するとうまくいくことがある
Powered by
30days Album
PR