ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [Emacs] eshellのプロンプトをかわいくする | main | [Emacs] [auto-complete] web系のモードのバッファで補完候補をシェア >>
2016.02.25 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.06.09 Tuesday

Source Code Pro とさわらびフォントを合わせてみた

日本語フォントをいろいろ見ていて、さわらびフォントがとても気に入ったのだけど、 Source Code Pro といまいち調和しなかったのでさわらびフォントを改造してみた。

書いた fontforge スクリプト:
 

#!/usr/bin/fontforge -script

Open("SawarabiGothic-Medium.otf")
SelectWorthOutputting()

# adjust parameters to SourceCodePro
Print("Sawarabi: Adjusting...")
ScaleToEm(750, 250)
SetOS2Value("WinAscent", 984)
SetOS2Value("WinDescent", 273)
SetOS2Value("HHeadAscent", 984)
SetOS2Value("HHeadDescent", -273)
SetOS2Value("HHeadLineGap", 0)
SetOS2Value("TypoAscent", 750)
SetOS2Value("TypoDescent", -250)
SetOS2Value("TypoLineGap", 0)

# widen 120%
Print("Sawarabi: Widening...")
SetWidth(120, 2)
CenterInWidth()

# lighten
Print("Sawarabi: Lightening...")
ExpandStroke(7, 0, 0, 0, 2)

# set fontnames
SetFontNames("SawarabiGothic_phi", "SawarabiGothic phi")
SetTTFName(0x411, 1, "さわらびゴシック phi")
SetUniqueID(0)

# generate font file
Print("Sawarabi: Generating...")
Generate("SawarabiGothicPhi-Regular.otf")

Close()


各種パラメータを Source Code Pro と同じにして、ついでに文字を少し細くする。
字間も Source Code Pro と等幅になるように調整。

合ってるかはよくわからないけど、ワーニングもりもり吐きながらもとりあえず動いたのでヨシ。

源ノ角の Regular とちょうど同じくらいの太さになるので、足りない漢字は源ノ角で補えばいい感じ。フォントは難しいほんと。
2016.02.25 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR